2015年05月28日

歩く通行人

歩く通行人、あなたは歩いてゆっくり、ゆっくり歩く。
慌ただしくて過ぎて以外にもつかの間、すれ違った通行人を照らし出すかもしれないが、道行く人のまなざしを、あなたの心はすでにいどむかも知れません;通行人の少しのすがすがしい香りが体を配布、あなたを夢にさらわれるかも知れません;の赤の他人の何気ない淡い笑いが存在して、長い間あなたの世界界。

何度目かホームレスは施し、何回街頭慈善公演は足を止めて、何回もあってホームレス歌人の音楽鑑賞。私は一人で座って街角で、久々に観察している歩行者、分からないのは何のためでもない何を探して見て、ただ静かに。通行人に対して、私は存在せず、依然として、勝手に歩いている。私は誰の注意を引き起こしたくもないし、他人を邪魔したくないの幸せより、他人が私の孤独を破る。
私は、他人にとってもきっと通行人が、この世界に対して通行人にとっても、私たちはこの世界で滯在するのがあまりに長くて、しかし、多くの人に会ったことのない、あまりにも多くの景を鑑賞しなかった、また多すぎるすばらしい経験もなかった。ある人は言って、私に自分の幻想の中で、私は微笑を黙認し、この世界に対して私は確かに多くの幻想は全部美しい幻想。私は後悔しない私は想像したほどすばらしくて、これらのすばらしい人生のたくさんの可能性を作成するに関わらず、私はどっちの可能性に直面して、私は喜んで。
私は特にない目的地は生きていて、私のように書くものが一般。私は深く引きつけた不思議な力でそれを、私は知らない私がどこに持って、私は知りたくもない、私はただ私の希望で歩いた途中、急いで歩いて、そんななさら途中の風景。
私が通行人の行列に参加して、私は突然1種の恐怖、私を恐れて自分を見失って。そよ風がゆっくりと迷って、白い雲、天地のどころか私1人。浸るだけ無限の文字の海洋の中で、私は新しい人生を獲得しましたが、私は自分を開いたもう一つの世界、他の人は入れない、自分も出ない。楽しくないと言うならば、私の考えはずっと珍しいジャンプしている、といえば興味があって、外は不足を人道。通常、共有を体現していて楽しい拡大のため、知己の殊勝;しかし、結局は親友に会ったことができないのを求めます。
願いの道歩いて私の世界、願って彼女は美しい女子、執手をお互いについて、い世界。
  


Posted by 玫瑰情節 at 13:21情感

2014年04月01日

それらに輝くような温かい

geijlsngi15情念を覚えていてくれた人は俺の一番発が小さく、アントニオ姐俊さん、成功を収め、志勇、君たちが本当にとても関心私に関心を持っているのに、私の忘れて、家に帰ってあなた达は約20日余りだろう、帰宅後なかった私は思ったほど興奮し、一日中、インターネットでは勉強、かけ、寝坊しました。その时、あなたはまだ休みになって、私もそれほど懐かしみらだ。あの时涵虚姐が錬ダンスになりますが、毎日のにかぎっては,梦背後を流すなみなみならぬ;俊さんが最近まで忙しくて、时间がほとんどなかった家に帰って、その时に成功し、まだかえっていなかった、志勇もない休みを利用して帰宅した後志勇はほとんど毎日ぼうっとして家で勉强できません一刻素颜だった。最も押し問答するのは私がでしょう、毎日夜午前1時過ぎ寝て、朝9時ごろ起きて、朝ごはん昼食を一緒に食べて、勉强もそんなに悪くない風習でしょう。それからゲームをしたり、音楽を聴いたり、テレビアニメ・漫画を见て、一日中、ブックの私にこんなに浪費される、确かに私は怠け者だが、もっと多いのは私のを恐れて、私は久々に見えなくなった时间を変化させることも私たち、恐れられて私たちの理解できないようだった。あなたがたが大晦日夜が運ばれてきて私を探してたときに、不思議だと感動を迎志勇、张轩、滕振が私のところに来たとき、私は気がしたものだ」とし、「二つの世界の人たちと、毎日.「たがが努力学習夢に対する執着してそれに见えてまばゆくてと段取りの未来の兄弟は、他方では、自分の夢を抱いて黙々と朝食を歩いてきたトリプル・ルッツとそして現実に対する困惑の私があるのだ。でも、とてもていただいてありがとうございます、私は生死にいるはずの兄弟だ。

当初牛姐離れた私より早いけど久なくなっていくための时间(じかん)が変わったわけではない私たちのため、私たちの感情が亲心のように少しだけじゃなくて、执念のあのようなではなくありませんだよ。彼女はなかったんだが、私の文字は、俺に目覚める彼女だけができる方法を理解してでるの私が経験したことのないかもしれない、と言って私达は同じ人、おなじ感情からこそ、互いを亲密なあたたかくて、私たち牛姐ご無沙汰しなくて、私はいつかどこか場所が笑っている思い出が色紙だったそうだ。

思った最大のあの人にならなければならない小破孩月だろう、正直に言って彼女は一番切なかった一人で、もっとも心を通わせた一人だったが、受けとらなかった長い時間をかけて仲良くなる知らなければ、互いを、甚だしきに至っては私达は最も异なっている人だと発表した。彼女は総会を開き、の話を聞いてうれし~、笑颜だったとしたら、月ですが、あなたはよく笑っていた。彼女はファン・ジン私、から教えて多い、私は彼女にあげると、私の話と、彼女が习惯のほほほ、彼女の身体に向けて僕を見た。彼女が好んで食べる氷砂糖瓢箪に言って、私は彼女は马鹿の子で、それが私达は互いに成长の时あなたの純粋さも存在する、あなた、多くの友达はあなたなら、もう现実磨圓後のあなたの友达も、純粋さはどれほど残されても、私はどれほど残されてはですね。月、ありがとうございます私に付き添って過ごした錦色漫然とだった。この私に人に伤を受けて、自分はずっと心の中で、ずっと。

私は一生会った最も私にしようがないことを感じるの子は刘会芳をよく知っている私がどういう男なのか、利己的姓名うともせずに、他人には人気のない一人きりになった。彼女は違っていたのですが、私は私を変化させることは考えたことがない私は何者かに変更される。彼女はいつも私と异议が、我々も一绪にお互いに送った。彼女はexoのファンのために、私は軒に最も嫌って互いにアイドルの人と、彼女が私みたいに、夢に失望し、現実への困惑をつけて道では一度も止まらなくて、彼女を覆したのですが、私は毎回彼女とチャットが彼女を気には、このような意味の死にそう思ったからと笑い、仆にとって彼女が今重要な一人には、独特の一人がいて、ありがとうございますあなたは私の楽しみです。

それらの小さな人間だよありがとうございます私に、ありがとうございますつきあって现在に至った。あなたが私の心を支えているのに対し、私を背负っているおまえたちの温かみの1歩ずつの歩いていった。  


Posted by 玫瑰情節 at 18:06情感

2014年03月03日

纤秀情缱绻、月华清梦に决まっている


今回の吊兰は無意識に育まれた。引っ越しの事務室に対抗してインテリアの残味の同僚たちを飼育して、私は吊兰鉢植えに分2株だった。当時はまだ、取っ手が移植それらをきれいに洗った彼らは、とりわけ根もとで、わざわざよくたんだよ、後を深く私の花茶に入ったグラスだった。コップは「廃棄」の、砕け盖とこす恐れ多い事だ。まあ、二株洗浄の吊兰深く以降、この杯吊兰し、すぐに怒ってなかったかのように、彼らは前世約束した。それらも私には私の書類箱の上、静びぬの若菜つまむ。そんな静美、絵だった。
グラスの中の水は一日一日の浅いが続けば、浅草から漬かって眠れない根もとのときは、さおいだったと思います。水はコール金利の湯に凉したように、少し甘い。私は生きんた深い渓谷に流れるように、このような水があるので、それは私の心。再び水替えしようとしたとき、相変らずまま一月かかっていたが、に一株を吸っていた叶腋で生み出さ一条匍匐茎、赤んぼう熟睡時の腕を胖胖ところだった。旧正月を控え、それを這うの茎にはますますのご长くなりましたが、1匹を开いた先は、飛ばす兰花指だった。エアコンの暖房があって、ほんの微かに震えさせて、娘のように粉嫩、あわてて笑ってみせた。
コップちゃあ悬高所、春节の时に、その手を入れるを長くしたものであっても「垂」の匂いがする。それが私のコンピュータの右上に、私の上に両手をキーボードをたたいて震える指先に、掃いました目の端でここだって头をもたげて、それを见据えと顔を見合わせて笑った方がいいと言ったこともでいくつかの言叶。面白いの至りだ。
水で飼っていた吊兰あたしみたいに養の一女娃、甘え彼女と彼女の爱を、彼女は知ってます楽を见せて顶ければわかる」とした上で、韓米の機嫌を取るしかありませんでした。このような「度」に無心に、热情可爱かったです。
昨日、正午残业の際、诚に疲れてしようがない、ドアを閉めてモニターを見とその「追い縋る触手」、「よ——吊兰は花が咲く?」「兰花指」、なんと一花!私はなんというなら、花苞の、と思っていた「兰花指」の姉妹たちですか、どこが花苞を思い出す。ごくささいな一轮の花、白色の、6つの割れ、黄蕊、若いながら、馥郁香りをしなくても、そこから吐き出さ心肺自然涔から出てきても、ですね。
私は「サプライズ」はすぐには手紙、空間日焼けやブログなどに、私を注目して私の友达が私で飼っていた吊兰開花しました。もとは、花を本当に解语の、私が彷徨、そわそわした時、彼女は开花して見せてくれた彼女はまた、〔か——私の黙々としての制限された環境と生きている、が育ち、開花を賛美しなければならないだけに、黙々と直也さんに迷ってとして。小さな花はこのように一輪、閑散としていたこともあって、優雅な開、纯洁なこともあって、地道なこともあって、無邪気なこともあって、まじめなこともあって、はだけたごく浅ごく薄いの香りで、いいな。
タウンのくま爷是一番目の「讃」仆のです」と言って、「まあまあ、五月にならなければ、開化した吊兰は花が咲くし、本当に小さな奇跡だ!」、その后、すぐにはもう一つの友も言いました。「吊兰こんなに早く咲く花ですからね」
昨夜、と安姉が话していて、彼女に内面の苦と心に诉えている。彼女はそれでは私に対して言います:「あなたはほら、水で飼っていたが吊兰花ではなく、あなたの最も良い慰労と激励を送るだろうか?」安姉の言葉に、请入观观がっかりだ、はまるで花のように理解して人と集計された。四の曇り空ヘ・心と心を全部消えました、と安姉は続けた生花の道は、私の言いたいのは、花を必要としていた人が痛ければ人はあなたを爱しなければならないと言わなかったのは、その话ならば、それはあなたの愛人だ……安お姉さんが、道理ではみんな「女(チュウンチョンブクド」だった。
冷酷な現実ではあったが、花は、まだ咲いています。この小さな花だったのだが、私はささやかな希望は、大きな慰め、満员の優しさ、ですね。
サスケさすけ開深い渓谷の香難が接触した。深谷サスケさすけないのではないかと、美しいの美と隔世の香りで、清廉と、かすかには难しいの近くだった。
纤秀情缱绻、月华清梦に决まっている。目の前吊兰ないのではないか、となめらかな美と隠密な香、恥ずかしそうに、心安らかで依然として纯洁且つ又雅びぬだった。
  


Posted by 玫瑰情節 at 18:50情感

2013年12月12日

一つの男の子と女の子の物語


男の子の絶望の時、神派来た女の子が彼の身の回り。彼の世話をするには、彼を慰め、彼に知られたら世界はこんなにすばらしい。すぐに恋したこの男の子と女の子も賛成してくれた男の子の告白!DR REBORN箍牙その男の子の女友達をしたい……男の子と女の子は知っていないが、将来的には、自分の努力によって維持して彼らの間の愛情……彼は知らない女の子は彼女の心の中がこんなに深い位置。彼は彼女を愛しに勝る彼女は彼を愛して、いつも彼女は以前に憧れのあの女の子と男の子で、男の子が表れないいかなる表情で、しかし男の子も怖いのあの娘が彼女を離れたいので、常に自分を強く。
男の子と女の子の恋愛を維持した206日、ついに女の子から別れ、理由:その男と一緒には恋愛。男の子はとても悲しんで、時には自殺を考え、しかし考えてこのようにして申し訳ない親……この場所を離れたが、様々な原因のため離れない。だから最後男の子は毎日苦痛の中で過ごして、酒を飲むの中で過ごして、心の中で過ごす。女の子は伝えていない彼の現在の状況は、その女の子自責後ろめたさせたくない。だから黙々とすべての苦痛に耐えて……
以前剛恋愛の中で、男の子は女の子を発見して時には食事をしないで、食べておやつがいい。男の子も女の子のようにして胃に悪いの、よく帰っていくつかの種(その種を食べて胃に一定の利益を女の子に食べて、彼女を呼んだ)を食べて、少なく1時おやつ。その男の子の家はとても貧しくて、自分でむしろいろいろ苦労させた、その女の子も少し楽。あの女の子は男の子のために毎回家に帰って婚家に多くの事をして、を得たいのはもう少しクアズ、女の子に食べて、牙醫介紹彼が毎回持って種の時、なんて思ってもみなかった自分に少し食べて、1袋も食べていない。
男の子と女の子の初めてのバレンタインデー、男の子から走って帰ってから出勤場所は女の子が帰ってきたばかりで、男の子に一緒に過ごしたいあのデー。彼はあの花をプレゼントした女の子2、それは男の子の手作りの女の子にはきれいだが、それは彼の女の子に対する愛。彼女に一緒に散歩通りに……女の子はかつても言ってもしあなたは引き続きそんなに私のことが好きで、私はあなたに嫁ぐ。
別れた後女の子知らないあの男の子が待っていて、男の子は毎回彼彼女と一緒に歩いた線分、場所の時、彼はその静かにぼんやりして、向いて空を見上げて、神の答えが欲しい。毎日毎日過去、彼は彼女を忘れない。いつも悲しむ、泣いた。男の子は最も恐れて夜になったので、夜は悪夢が出現し、そのためよく眠れない……男の子も知っていてこのままのない結果……
女の子が第1回に贈るものはいくつかの間食と2つのノート、間食は彼らの寝室人分けて食べて、しかし男の子女の子を彼女にものを手提げ袋のは現在、誰も持たせてもらえない、彼が殘っている。女の子も男の子を知らない彼女に何も殘して、保存している。今までまだ彼戸棚に……
昨日の夜は、あの女の子にそう言うのが彼女の姉を紹介して彼女の彼氏、男の子の表面の上で無表情で、しかし彼は泣いていた。これらの突然すぎて……涙をこらえながら言って彼女の幸福を祈りますDR REBORN吊線雙眼皮……言い終わると回線を切って、布団かぶって泣いて、どのようにただ用がない。夜は寝ていないで、彼は眠りたくない、男の子は知らない女の子がこんなにすぐに恋をした覚えている女の子はこれは縁が来た……しかし彼は黙って受けてい……  


Posted by 玫瑰情節 at 18:51情感
QRコード
QRCODE

ライター募集!!経験者求ム。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
玫瑰情節